【札幌で本格うどん?】「増田うどん」は喉越し最高!

Twitterの自分の投稿がリツイートされた通知がくると、嬉しくてニヤッとしてるけど、自分の投稿を見られるのが恥ずかしいのであまり人に言えないです。

こんにちは!まろ(@Tsuregusa_remix)です!

札幌といえばラーメンやスープカレーなので、うどん専門店ってあまりみかけません。

お昼だし軽めにさっぱりしたの食べたいなー。特に飲んだ次の日のお昼に、ラーメンはちょっと重いなー。でもそこそこお腹も空いてるんだよなー。というときにぴったりなのないかなー。

そこで、頭に浮かんだのが「冷たいうどん」をつるっと食べたい!でした。

増田うどん

札幌市営地下鉄東西線の西11丁目駅から歩いて5分ほどのところにありました。

札幌プリンスホテルからも近くです。

イオ3条ビルという上はマンションになっている建物の1Fにあります。

 

メニュー

温かいかけうどん「増田肉うどん」が人気No1。

まる天は福岡ではポピュラーとのことで、僕自身も初めて聞きました。

でも、こちらのお店は福岡発祥というわけではなさそうです。

そして、他人丼ならぬ「他人うどん」こちらも気になります。。

 

メニューも豊富で、冷たいぶっかけうどんもありました。

他にも季節限定のメニューもあり、10月から4月までの間は鍋焼きうどんが食べられるそうです。夏の暑い日の冷たいうどんをつるっと。冬の寒い日には鍋焼きうどんでハフハフするのも美味しそうです。

それぞれの天ぷらは別にトッピングとして追加も可能。ご飯ものもありました。

 

とり天ぶっかけ

今回はとり天ぶっかけを頂きました。

キレイにまかれたうどんが、つやっつやでピカピカ光ってます。とり天3本とパプリカの天ぷらが乗ってます。刻みネギと大根おろしと生姜が乗っていて、揚げ玉は注文するときに乗せるかどうか聞かれました。即答で乗せてくださいと頼んだので、しっかり乗せていただきました。

とり天は結構大きめなのが3本乗ってきます。ボリューム満点です。

 

たれは、薄めの色の醤油ベースのだし汁です。

写真だと少しわかりにくいですが、本当に色が薄い!色は薄くても味はかなりしっかりついていて、冷たいつるつるした麺でもその味がはっきりわかります。

そして主役の麺です。

まず、麺1本1本が長い!そして、それぞれのしっかりコシもあってそれでいて柔らかいです。長い麺をずるずるっと勢いよくすすり、口の中でもぐもぐ。麺の小麦の味と少しの塩味、あとは出汁の味が絶妙にマッチして美味しいです。もちろんこのツヤツヤの麺をゴクリと飲み込んだときの喉越しは言うまでもなく。

うまいですなー。

とり天は、とり胸かササミだと思われます。

メニューには「にんにくをベースにした独自の味付け」と記載されていました。この下味がまた絶妙で、味が濃すぎず、薄すぎず。麺と出汁が主役としたら、ちゃんと脇役として大活躍してくれます。

衣もサックサク。すこしタレに浸しても、ちゃんとサクサク感がちゃんと残ってるくらいカラッと揚がってます。

これもおいしー。

 

さすがうどん専門店はとっても考えられてて美味い

ダシの味がつるつるした麺でもしっかり感じることができるのに、しょっぱくない。

天ぷらの下味もはっきりわかるけど主張しすぎない。

そして主役の麺は、「打ちたて、茹でたて」らしく、ほんとにコシがあるのに硬すぎない、柔らかすぎない麺で喉越し抜群です。

麺自体から小麦の味と薄い塩味がほんのり漂っていて、コシがある麺を口の中でモグモグしているだけでも美味しい。

さすがはうどん専門店。バランス感が最高でした。

 

ダシはお持ち帰り用が売られてます

レジ前に増田うどんさんのだしパックが売られていました。

おいしいダシを自宅で楽しめるのは良さそうです。でも、あの麺が無いと…

うどんだけじゃなくて、他の料理とかに使ってみるのもありかもしれませんね。なんせおいしいので。

 

関連ランキング:うどん | 中央区役所前駅西8丁目駅西11丁目駅