【札幌のソースカツ丼】「浪花のかつ丼」を知らないとにわか札幌人

かつ丼

お店の紹介記事ばかり書いていると、自分で撮った写真を眺めてはお腹が空いてきます。これぞ自爆飯テロ。

こんにちは!まろ(@Tsuregusa_remix)です!

札幌の狸小路から少し歩いたところにある、こちらの「浪花のかつ丼さん」

ここを知らないとしたら、にわか札幌人でしょう。というくらい有名だと個人的には思っています。

僕が中学生のときからあるお店で、値段もやすくボリュームもあったので、お金がない学生の僕はよく利用させていただきました。

久々にお店の前を通りがかったの寄ってみました。

浪花のかつ丼

なにわのカツ丼外観

狸小路1丁目から南に36号線に向かって歩いていくと、スガイディノスが見えて来ます。

その並びにはいくつか居酒屋さんなどの飲食店が並んでいて、その中のひとつにこちらのお店が見えてきます。

メニュー

さすが浪花のかつ丼さん。

ぶれてない。

メニューはたったこれだけ。なにも迷う必要はありません。と、言いたいところですが、この二択。

めっちゃ迷いました 笑

だがしかし!ここはかつ丼を食べに来たのだからと、かつ丼をプッシュ。

ちなみに、僕が中学生、高校生の時は、かつ丼一杯ワンコイン(500円)だった気がします。

当時の僕には、かつ丼が500円って安すぎじゃない!マクドナルド行ってる場合じゃない!って思った記憶があります。

 かつ丼

かつ丼

こちらのかつ丼はいわゆるソースカツ丼。

ほっかほかのご飯の上に、キャベツがしいてあって、だしでふっくら仕上がった卵の上にさっくさくのトンカツ。

ちょっと辛めのソースの香りが鼻を刺激してきます。

あとはもう、ひたすらがっつくのみ。

とんかつ

カツ自体の厚みは薄め。

ただ、ぎゅっと脂が閉じ込められてて、サクサクの衣の食感を楽しめます。

僕は少しソース多めの濃い味にして、ガツガツとかき込むのがすきですね。(かけすぎ注意)

札幌のソースカツ丼の老舗

もちろん、とんかつ専門店とかの厚みのあるトンカツとは違います。

ジューシーさも、肉の甘みとか旨味とかも、専門店はやっぱりうまいです。

でも、こういう大衆の味って、なんかこう記憶に残るんですよね。

さっと入って、さっとお金払って、さっと出て来たいつもの味を、ガッと食べて、お腹をさすりながらさっと帰る。

なんか粋な感じがします。

そして、甘辛いソースをたっぶりかけたサクサクのとんかつと、白いご飯の絡み合いが癖になりますよ。

お店の紹介っぽくないですが、いつまでもこの味が残っていて欲しいなと思います。

関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 狸小路駅すすきの駅(市営)豊水すすきの駅